ネットリテラシー

【止まる気配なし】連続してやってくるAmaoznと楽天の詐欺メール!兎に角しつこい。

迷惑メール

おはようございます。じぇいかわさきです。

スポンサーリンク

 

ゆうちょ銀行の詐欺メールがやって来ているな、そう思っている矢先に、こちらも黙っていません。

 

Amazonと楽天市場の詐欺メールも負けじとやって来ています。

 

内容自体は大きく変わっていませんが、発信元やリンク先の違いなど有るので、情報展開をしておきます。

 

迷惑メール

 

 

 

詐欺メールって面白い

最近はゆうちょ銀行の詐欺メールで、世間は賑わっています。後は、ドコモのSMSの詐欺かな。

 

でも面白いのは、そういう風に、何かが流行りだすと、こっちも有るんだぞってな感じで、別の詐欺メールも活発化してくるんです。

 

Adsenseと同じで、表示される回数が増えると、詐欺に引っかかる確率が上がるのか、何か一つ注目されだすと、それだけじゃないと言わんばかりに、別の詐欺メールが届くようになるんです。

 

今回も、ゆうちょ銀行の話をしたら、すぐにAmaoznと楽天市場の詐欺メールがやって来たんです。抜け目がないと言うか、素早い対応です。

 

 

詐欺メールの状況

[ads]

 

楽天市場

まずは楽天市場からみてみましょう。自分は個人的に、楽天市場は使っていないので、絶対に来るはずがないんです。

 

それなのに、相変わらず 【重要】楽天株式会社から緊急のご連絡 こんな題名のメールが届くんですよ。使ってもいないのにですよ。絶対におかしいですよね。

 

送り主は楽天株式会社となっているに、何故かメアドはnoreply@0931qq.comなんです。

 

おい、バカにしとんのかいって思いますよね。送信先は自分を入れ6名でした。

 

本文内容

楽天詐欺メール

いかにも本物っぽくないですか。メアドとかチェックしなければ、騙される人がいるかもしれませんね。

 

リンク箇所は全部で3ヶ所

  1. アカウントサービスヘルプ
  2. ここをクリック
  3. 楽天市場

 

ここの3ヶ所はすべて同じURLにリンクが張られており、リンク先は以下の通り。

http://resetting-defend-accounts-protection-supports-rakuten.com/

 

パット見た感じは、いかにも本物そうですが、こんな長いURLってあまり使いませんよね。

 

Amazon ID

もう一つのAmazon IDの方はこうなっている。

 

発信元はAmazon Supportなんていかにも本物らしいが、メアドはこちらも全然関係ないamazon_security@0906lijnen.comでした。

 

Amazonという名称は入っていますが、@より後ろが超いい加減なドメイン。

 

しかも、送付先が自分を含めて9件です。 重要なメールを同報で送りますか?

 

題名はもっともらしい、お客様のAmazon ID情報は不足か、正しくないです。 といういつもと同じやつ。

 

本文内容

[ads]

Amazon詐欺メール

 

今回、まともになっているのは、まだアカウントはロックされておらず、24時間以内に返事がない場合となっていることだろう。

 

前回は、上記のように「24時間以内に返事がない場合には安謝運とはロックされます。」と言うまでに、題名でアカウントはロックされました。という矛盾を言っていたんです。

 

相変わらず、文書内容が丁寧語になっていない所は治ってないね。

 

本文中でリンクがセットされているのは、全部で5ヶ所あります。

  1. タイムセール
  2. アカウントサービス
  3. Amazon.co.jp
  4. 250-0183846-8566205
  5. アカウント検証

以上の5ヶ所になります。

リンク先のURLは全て同じで、下記のようになっておりました。

http://warnning-accounts-recovery-support-amazon.com/

 

こちらも、一見見るとAmazonという文字が入っており、本物ように見えますが、こんな長いURLはないです。

 

 

まとめ

面白いことに、今回のように他の詐欺メールが活性化すると、従来のものまで活性化してくる。

 

まるで行動を監視しているように思えるほどなんです。

 

しかしながら、従来から何回も言うように、アンチウィルスソフトを入れ対応していれば、特に問題となることは無いと思います。

 

基本、詐欺サイトへ誘導されるかもしれませんが、そこで入力さえしなければよいのですから。

 

何度も言うように、もし入力をしなければいけないようになった場合、メールのボタンからリンク先に移動するのではなく、直接URLを叩いたり、ブックマークから行ったりして、メールのリンクは絶対に使用しないでください。

 

これだけでも、かなりの防御率になりますので。

 

また、このようなトラブル内容はメールで送られてくることは、絶対にありませんので、こういうメールは100%詐欺だと思って間違いないと思います。

 

 

 

 

ABOUT ME
じぇいかわさき
進撃の社畜/弱小プロブロガー 本ブログは、還暦で定年の世代の筆者が、まだまだやれるという事を証明するために新たな事に挑戦した事を情報発信しているブログです。同世代の人達に対して、まだまだいろいろと頑張れる、第二の人生を楽しく生きていく為に現状維持は退化、失敗の反対は行動しないことを座右の銘とし、思い立ったことにチャレンジした記録です。また、せっかく稼いだ収益を騙し取られないように、毎日来る迷惑メールなどのネットリテラシーについても情報発信をしています。 このブログは ネットリテラシー ブログ 働くこと について書いており、第二の人生で頑張る同世代の心に刺さる記事を目指してます。人生100年、まだまだがんばれます。 >> Twitterをフォローする