プログラミング

【開発環境】ラズパイではなくMacに開発環境を構築してみる

Mac-dev

おはようございます。じぇいかわさきです。

スポンサーリンク

 

ラズパイでPython3を学んで行こうと思っていたのですが、意外とめんどくさいこともあり、Macでなんとか同じ環境が出来ないかを検討し始めた。

 

Macで開発できたほうが、ブログへの記述も楽になるので、絶対に便利かなと思って。

 

簡単にできるかどうかわかりませんが、とりあえず環境をセットしていこうと思い、Python3の環境を準備してみた。

 

Mac-dev

 

 

 

インストールされているバージョンの確認

まず、現在の自分のMacにはどのバージョンのPythonがいんすとーるされているのかをまず確認する。

 

確認するには簡単で、python –versionとすればpython2のバージョンが表示され、python3 –versionとすればpython3のバージョンがわかる。

 

Python version

標準ではPython2がインストールされているが、以前にPython3をインストールした事があったので、Python3のバージョンも分かった。

 

しかし、これだけではPython3はインストールされているが、必要なライブラリーやモジュールを都度インストールしなければいけなくなるので、便利な開発環境としてAnacondaをインストールする。

 

Anacondaをインストールすれば、各種モジュールの依存関係などを考えなくても良いらしい。

 

Linux系のOSはライブラリーをインストールした時、バージョンの依存が強くインストールできても動かなかったりする場合が多々ある。

 

そういう時に、この依存関係を気にしなくてよいのは非常に助かる。

 

まずはAnacondaのページよりプログラムをダウンロードする。

 

 

Anaconda

[ads]

 

自分の場合はMacなので、macOS用のインストーラーからPython3.7バージョンの物をダウンロードした。

 

 

Anacondaをインストールしてみる

それではダウンロードしたpkgをインストールしてみましょう。

 

ダウンロードしたpkgファイルを、ダブルクリックして開くとインストーラーが起動します.

 

インストール ライセンス 同意

ライセンスの条件に同意するか聴いてきますので、同意するをクリックします。

空き領域

インストールするには2.2GBの空きが必要ですので容量が足りない人は空けておいてください。

 

インストールをクリックし、インストール作業に入ります。

インストール開始 展開 書き込み 登録中

 

完了

[ads]

完了

これでAnacondaの開発環境がインストールされたことになります。

 

Anacondaのアイコンをクリックすると、Anaconda Navigatorが起動します。

 

Anaconda Navigator

 

無事起動することができ、中にはいろいろなPythonの開発で役立ちそうなものが揃っています。まずは、この中から目的に有ったものをインストールする必要があるようですね。

 

例えば、JypyterLabはデータ解析・機械学習に適したブラウザ上で動く統合開発環境のようです。これからAIの実験をしたりするには、非常に適した環境なのかもしれません。

 

VS Codeというエディタが使いやすいとの評判なので、自分としては、これをインストールしてみようかと思っております。

 

また、統合型IDEとしてはSpyder3というのが、画面が分割されて書いたプログラムをRUNさせると、コンソールに結果が出るタイプなので、ラズパイでなれたThonny Python IDEに環境は近そうだ。

 

いずれにしても、インストールして評価して見る価値はあるかもしれない。

 

また、Learningの項目をクリックすると、ドキュメントで21種、ビデオで20種の教育用メニューが揃っています。

教育メニュー

目的をクリックすると、関連のURLに飛んでドキュメントが見れるようになっております。

 

殆どが英文ですが、もともとエラー表示なども英文なので、少しづつ読んでいけばなんとなく意味はわかると思います。

 

基本的に英語のドキュメントが多いので、英語は避けて通れない部分なんでしょうね。

 

 

 

まとめ

なんだかんだ言っても、やはりラズパイは組み込み型の小型PCのため、何かやろうとした時になれない部分もあり手こずる。

 

日常の作業は全てMacで実施しているので、できればMacを有効活用したいという思いが、ラズパイを使っているうちに思えてきた。

 

結局の所、ハードを直接制御するような部分は、ラズパイでしか出来ないのでラズパイで評価するしか無いが、データベースを操作することや、Webへの表示をさせるプログラムなどは、別にラズパイでも無くてもよいのではないか。

 

そう考え、だったらMacにも同じような環境があれば良いと思い、Macへの環境を整備したした。

 

いつも使っているMacで開発評価できれば、後はパスが違うラズパイへの移植時に、データやプログラムのパスさえ間違えなえれば良いということになるので。

 

このように、今まで出来なかった事が少しづつだができるようになることは非常に面白い。

 

コツコツとなるが、作り上げた環境などを記録に残していきたい。

 

知識をまだ持ち合わせていないが、やってみたいという人の助けになれば良いので。

 

 

 

ABOUT ME
じぇいかわさき
進撃の社畜/弱小プロブロガー 本ブログは、還暦で定年の世代の筆者が、まだまだやれるという事を証明するために新たな事に挑戦した事を情報発信しているブログです。同世代の人達に対して、まだまだいろいろと頑張れる、第二の人生を楽しく生きていく為に現状維持は退化、失敗の反対は行動しないことを座右の銘とし、思い立ったことにチャレンジした記録です。また、せっかく稼いだ収益を騙し取られないように、毎日来る迷惑メールなどのネットリテラシーについても情報発信をしています。 このブログは ネットリテラシー ブログ 働くこと について書いており、第二の人生で頑張る同世代の心に刺さる記事を目指してます。人生100年、まだまだがんばれます。 >> Twitterをフォローする