ネットリテラシー

USPSを語る詐欺メールが久々にやってきた

USPS

おはようございます。じぇいかわさきです。

スポンサーリンク

 

どのくらいぶりになるだろうか?記憶に無いほど昔の話になるのかな。

 

ここのところ、またebayでの購入の増加に伴い忘れていた詐欺メールがやってきました

 

自分のように、ebayなど海外から物品を購入する可能性がある人は、同じような詐欺メールが来る可能性が非常に高いと思います。

 

今夏も、USPSを語る詐欺メールについて情報展開をいたしますので、知り合いの方にも情報展開をお願いします

 

 

忘れた頃にやってきたUSPSの詐欺メール

Fake mail

 

本当に久々になるUSPSの詐欺メール。

 

あまりにも昔すぎるので、自分が最後に書いた記事は何時なのかを調べてしまった。

 

USPSを語ったメールは以下で、昨年の1月に来た。だいたい同じころだったね。

https://daini-no-jinsei.jp/blog/from-usps/

 

その後に来た詐欺メールは、USPSではなくUSPostalService という名前だった。

https://daini-no-jinsei.jp/blog/uspostalservice/

 

普通に考えたらUSPSもUSPostalServiceも同じように思えるが、違う扱いでこのときは来たんだよね。確か昨年の4月だった。

 

あれから約1年の月日を得て、再び同じようなメールがやってきたんだよ

 

ロゴは間違っていないが、内容はいかにも胡散臭い。何の理由も書かずにメッセージを送ってきて、VIEWボタンを押させようとしている事自体、詐欺だろうって思うよ。

 

送られてきた件名は「An email containing confidential personal information was sent to you」となっており、翻訳すると「機密の個人情報を含むメールが送信されました」と言う感じで、ちょっと物騒な感じの件名なんです。

 

発信主はUnited States Postal Serviceとなっているので、いちよう本物のように思えるが、メアドは全然関係のないメアドのfraser.macleod@connors.caになっていますので、明らかに詐欺!

 

ただし、Amazon IDやApple IDと違って、複数人への同報送信ではなく自分一人に宛てたものなんです。

 

 

USPSを語る詐欺メール、肝心の本文は?

詐欺贈り物

 

送られてきた本文についてみていこう。

 

USPS本文

 

こんな感じで、ちゃんとしたUSPSのロゴを使用しているんだ。ただし、このロゴの部分のリンクはhttp://mycase.md/tastesb.phpとなっていたんだ。

 

本物であれば、https://www.usps.com/となるはずなので、これも画像をコピーして別のリンクに貼り替えられているね。

■ 感染してからでは遅い!無料体験から始める人気ウイルス対策ソフト

 

そもそも、一番最初のロゴの下にen-USなんていうエンコーダーはUSと言う文字が出ていること自体、自家製の詐欺メールであることが分かる。

 

そして、View deteilsというボタンを含め、全部で7箇所のリンクが張られているが、その全てがhttp://mycase.md/tastesb.phpとなっているのだ。

 

記述は、http://www.usps.com/というところまでhttp://mycase.md/tastesb.phpのリンクなのだから恐れ入るね。

 

最も、本物はhttps://www.usps.com/でありhttp://www.usps.com/ではないので、よく見れば違いが分かる。

 

そう、詐欺メールのURLは未だにhttpを使用しているので、だいたい直ぐにわかるね。

 

 

USPSを語る詐欺メール まとめ

さて、久々にやってきたUSPSを語る詐欺メールですが、変な日本語出ない分信憑性がある感じだ。

 

特にロゴは全くのオリジナルを使用しているし、特に意識をしていなければうっかりクリックをしてしまいそうだ。

 

しかし、当ブログのユーザーであれば何回も説明しているので、既に理解してくれていると思いますが、以下の点を注意してください。

  1. 海外取引、今回の場合USPSのトラッキング等に、本当に使用しているメアドですか?
  2. 最近取引をしたことがありますか?
  3. 送り先のメアドは、正規のものですか?実際のオリジナルサイトで確認できます。
  4. リンク先表記はhttpsになっていますか?

 

海外からの詐欺メールはだいたいこんな事をチェックすれば、詐欺かどうか分かるはずです。

 

そもそも、海外取引をしない人に来たら、その時点で詐欺と分かりますよね

 

こんな詐欺メールが流行りだしましたので、十分注意してくださいね。

ABOUT ME
じぇいかわさき
進撃の社畜/弱小プロブロガー 本ブログは、還暦で定年の世代の筆者が、まだまだやれるという事を証明するために新たな事に挑戦した事を情報発信しているブログです。同世代の人達に対して、まだまだいろいろと頑張れる、第二の人生を楽しく生きていく為に現状維持は退化、失敗の反対は行動しないことを座右の銘とし、思い立ったことにチャレンジした記録です。また、せっかく稼いだ収益を騙し取られないように、毎日来る迷惑メールなどのネットリテラシーについても情報発信をしています。 このブログは ネットリテラシー ブログ 働くこと について書いており、第二の人生で頑張る同世代の心に刺さる記事を目指してます。人生100年、まだまだがんばれます。 >> Twitterをフォローする