ネットリテラシー

Apple ID詐欺メールの極み新たな展開に注意喚起

じぇいかわ
じぇいかわ

おはようございます。じぇいかわさきです。

Apple IDの詐欺メールですが、来るたびに内容がより現実味を帯びてきています。

スポンサーリンク
新人類
新人類

つい最近も記事を書いたよね

https://daini-no-jinsei.jp/blog/arrived-new-apple-fake-mail/

今度のAllpe ID詐欺メールは、更に内容が極められてます。

 

従来からの変化点、注意点を紹介しますので、皆さんの知り合いに情報展開をお願いします。

★この記事を読むと、Apple ID詐欺メールの最新情報が得られます。

 

 

Apple ID詐欺メールの極み、新たなタイトルは!

Apple ID詐欺メールの極み、新たなタイトルは!

Apple ID詐欺メールの極みとなるような、新たなメールが活発に送られてきています。

 

すでにほぼ毎日の割合てメールボックスに届きます。

 

Apple ID詐欺メールの極みとなるメールのタイトルは「定期安全検査を完成してください。

 

ちょっと前には「セキュリティレビューを完了してください」と言うのが有ったが、タイトルはその変形版のようだ。

 

発信元を調べてみるとAppleといういつもと同じ発信元名であるが、送信メアドはapple_support@noreply.lewistowntruevalue.comとなっており、いつもとは違ったメアドなんです。

 

実は到着したメールをよくよくチェックしていくと、送信メアドもいくつか存在するようなのです。

  1. apple_support@noreply.lewistowntruevalue.com
  2. apple_support@noreply.huntingdontruevalue.com
  3. apple_support@support.huntingdontruevalue.com
  4. apple_support@allert.allensvilleplaningmill.net
  5. apple_support@support.lewistowntruevalue.com

但し、本文内容は同じでリンクアドレスも、複数あるようなんですね。

 

いつもは、09*.comとか09**.jpとか言うのが多いのですが、今回のドメインは初めてだろうか?

人気 》効果抜群 実体験済み ウイルスバスタークラウド

 

但し、相変わらず同報送信で送っている事自体を改めないと、これは詐欺メールだとすぐに分かってしまいますね。

 

今回のApple ID詐欺メールは同報送信数も従来より多く、平均8〜10名宛になっているのも特徴でしょうか。

 

送信メアドは複数あり、同報送信で8〜10名へ同時配信されている。

 

 

Apple ID詐欺メールの極み、本文内容は?

Apple ID詐欺メールの極み、本文内容は?

Apple ID詐欺メールの極みとなるメールの本文は以下のようになっております。

じぇいかわ
じぇいかわ

この本文メール内容はどれも全て同じ。
フッターに化け時が歩かないか程度が違いですね。

Apple詐欺メール

 

アカウント情報を保護し、確認するために簡単な手順を完了するようにお願いいたします。” なんて、今迄で一番スムーズな言い方ですね。この分ではあまり違和感を覚えません。

 

残念ながら、検証処理には数分しかかかりませんが、処理を完成させようお願いいたします、アカウントに中断がないことを確認してください。” この分では、残念なことに最初に”残念ながら”と言う言葉があり、これは不要な部分ですね。

 

これがなかったら完璧だったのに。

 

ここでも詐欺サイトへのリンクは2種類みつかりました。

  1. http://gdr01-supports-account-security-appleid-apple.info/
  2. http://gdr02-support-account-security-appleid-apple.info/

このように、詐欺サイトのURLの違いは、gdr01とgdr02の違い、及びsupportとsupportsの違いですね。

 

注意 送信メアドとの関係を紐付けると以下になります。

  • apple_support@support.huntingdontruevalue.com → http://gdr01-supports-account-security-appleid-apple.info/
  • apple_support@noreply.lewistowntruevalue.com → http://gdr01-supports-account-security-appleid-apple.info/
  • apple_support@noreply.huntingdontruevalue.com → http://gdr02-support-account-security-appleid-apple.info/
  • apple_support@allert.allensvilleplaningmill.net → http://gdr02-support-account-security-appleid-apple.info/
  • apple_support@support.lewistowntruevalue.com → http://gdr02-support-account-security-appleid-apple.info/

 

本文は全く同じですが、送信メアドと詐欺サイトURLで複数の組み合わせがある。

 

 

Apple ID詐欺メールの極み新たな展開に注意喚起 まとめ

Apple ID詐欺メールの極み新たな展開に注意喚起 まとめ

Apple ID詐欺メールの極み新たな展開に注意喚起についてこの記事は書いてきました。

 

驚くのは、ここ数回に渡り記述内容文章の精度が向上してきているということが目立ちます。

 

今まではいかにも詐欺だと言う内容のものばかりでしたが、最近のものはアレ?って思わせる部分が多くなってきております。

 

一段と注意が必要ですが、下記の1点を確認することで詐欺メールを見破れますので、必ず確認しましょう。

人気 》効果抜群 実体験済み ウイルスバスタークラウド

送信宛先が複数名の同報送信になっている。→ 100%詐欺メール
 
★あたなの知り合いに教えてあげてください。
 

 

 

ABOUT ME
じぇいかわさき
進撃の社畜/弱小プロブロガー 本ブログは、還暦で定年の世代の筆者が、まだまだやれるという事を証明するために新たな事に挑戦した事を情報発信しているブログです。同世代の人達に対して、まだまだいろいろと頑張れる、第二の人生を楽しく生きていく為に現状維持は退化、失敗の反対は行動しないことを座右の銘とし、思い立ったことにチャレンジした記録です。また、せっかく稼いだ収益を騙し取られないように、毎日来る迷惑メールなどのネットリテラシーについても情報発信をしています。 このブログは ネットリテラシー ブログ 働くこと について書いており、第二の人生で頑張る同世代の心に刺さる記事を目指してます。人生100年、まだまだがんばれます。 >> Twitterをフォローする