ラズパイ3b+

サンバのリズムにのせてsambaを導入してみる

 

じぇいかわ
じぇいかわ

昨日までにNAS用のUSBメモリのマウントまでが出来上がっているので、サクッとファイルサーバー用のsambaをインストールしてみる

 

 

Linuxにおけるファイルサーバーといえば、sambaが定番中の定番。これ一つインストールできれば、ファイルサーバーだけでなく、プリントサーバーにもなるんですよね。

スポンサーリンク

 

とりあえず今回は、ファイルサーバーとして使用することを目的とします。

 

それでは、サクッとサンバのリズムにのってsambaをインストールしてみましょう。

 

 

 

 

特に問題もなく簡単にインストール完了

samba

結論は自動インストールで手間いらずにインストール完了

設定も一部だけでOKで超簡単

 

 

 

 

自動インストールコマンドaptで簡単インストール

さて、最近のLinuxはアプリケーションの自動インストールが非常に進んでいる。

 

これはアプリケーションがパッケージ化されているのと同時に、システムが関連ファイルの依存性を自動チェックしてくれるので、必要ファイルを同時にインストールしてくれるのだ。

 

Linuxが出たばかりの頃は、ソースからmake configとしてconfigファイルを作り、その後コンパイルするためにmakeする。コンパイルがうまく行ったら、make installでインストールする。

 

しかし、configファイルが環境が違い作れなかったりすると、ソースを自ら直さなければいけなかった。

 

しかし、今はそんなことは無いんですよね。

 

今回の、sambaをインストールするには

 

$ sudo apt install samba samba-common-bin

 

たったこれだけのコマンドで、sambaのファイルの依存関係を調べて、全てインストールしてくれるから、後は寝て待つだけ。

 

コマンドプロンプトの状態に戻ったら、インストール完了です。

 

たったこれだけ、超簡単でしょ。

 

 

 

 

実際に使用するように設定を行う

それでは、実際に使用するための設定をしていきましょう。

 

まずsambaの設定ファイルは、smb.confという名前になっており、これは/etc/sambaの配下に格納されている。

 

この設定ファイルを修正していくのですが、修正する時の常識としてまずはバックアップを作成します。

 

$ sudo cp /etc/samba/smb.conf /etc/samba/smb.conf_bakup

 

これで、オリジナルのsmb.confファイルはsmb.conf_backupという名前でコピーされて格納されましたので、smb.confを修正していきます。

 

 

設定ファイルの修正

修正するには、自分の使い慣れたエディタが良いと思いますが、自分はオリジナルのviを使用しておりますので、以下のコマンドで修正を実施します。

 

$ sudo vi /etc/samba/smb.conf

 

このコマンドで、smb.confファイルが開きますので、まず最初に先頭の部分にキャラクターコードをセットします。

キャラクターセット

 

[global]の下にある部分が、unixとdosのキャラクターコードセットになります。

 

そして、今回追加したUSBメモリをNASとして使う為の設定をファイルの一番最後に追記します。

設定

 

[nas_usb0]:外部からアクセスした時に表示されるディレクトリ名
comment:アクセスした時に表示されるディレクトリ名にマウスカーソルを合わせた時に出てくる説明
path:ファイルサーバーにするディレクトリパス
public:noにすることにより、パスワード付きアクセスになる
read only:noは書き込みも可能
wriable:書き込みも可能
force create mode = 0666:ディレクトリのアクセス権設定
force directory mode = 0777:ディレクトリのアクセス権設定
create mask = 0777:ディレクトリのアクセス権設定
directory mask = 0777:ディレクトリのアクセス権設定
browseable :yesだと利用可能な共有の一覧に表示する
force user:piというunix上のユーザー設定

※自分で必要かなと思うものを設定したため、中には不要な部分も有るかもしれません

上記内容を記述したら、sambaを再起動させます。

 

$ sudo systemctl restart smbd

 

sambaユーザーとパスワード設定

ラズパイの場合、ユーザーは基本piに設定されておりますので、piというユーザーとしてsambaにアクセスするためのパスワードを設定します。

 

$ sudo smbpasswd -a pi

 

2回聞いてきますので、同じパスワードを入力してください。

 

ここで注意していただきたいことは、samba用のユーザーとパスワードでありラズパイのユーザーとパスワードとは関係は有りません。自分は同じpiというユーザーにしましたが、別のユーザーとパスワードでも問題はありません。

 

ここまできたら、サイトsambaの再起動を行い、起動したら設定はすべて完了です。

 

$ sudo systemctl restart smbd

 

 

 

 

マックで接続してみる

実際に使用できるか、自分のマックから接続確認を実施してみます。

 

まず、ファインダーのメニューで移動を選びます。プルダウンされたメニューの一番下にあるサーバへ接続を選択します。

移動

 

 

すると、接続するサーバのIPを入れる画面になりますので、今回接続するsambaは以下のように記述します。

 

smb://192.168.10.10

自分の場合は、プライベートアドレスでIPは固定で使っていますので、ラズパイのIPを入れます。

 

また、今後も使うのでよく使うサーバーとして左下の+を押して登録しておきましょう。

サーバリスト

 

 

接続のボタンを押して、ネットの検索が始まりサーバが見つかると以下の画面に切り替わります。

 

 

接続先

 

 

この時に、選択するのはsmb.confに書き込んだnas_usb0の方です。

 

 

ここで見えるpiはラズパイをインストールした時に使ったmicrSDカードですので、こちらを選択しないように。
 
 
接続が完了すると、新規にフォルダーが開きnas_usb0に接続できた事がわかります。
 
 
フォルダー
 
 
ここでなにやら、lost+foundという空のフォルダーが最初からありますが、最初にfdiskを実施した時のチェック用のようですので、削除しても構わないようです。
 
 
 
 
これで、マックからの接続が可能になりました。
 
 
 
 
 
しかし、新たな問題が!
 
Windows10からもアクセスしてみたのですが、何故かサーバが見つからないと怒られます。
 
 
 
これは次の課題として継続取り組んでいきます。
 
 

ABOUT ME
じぇいかわさき
進撃の社畜/弱小プロブロガー 本ブログは、還暦で定年の世代の筆者が、まだまだやれるという事を証明するために新たな事に挑戦した事を情報発信しているブログです。同世代の人達に対して、まだまだいろいろと頑張れる、第二の人生を楽しく生きていく為に現状維持は退化、失敗の反対は行動しないことを座右の銘とし、思い立ったことにチャレンジした記録です。また、せっかく稼いだ収益を騙し取られないように、毎日来る迷惑メールなどのネットリテラシーについても情報発信をしています。 このブログは ネットリテラシー ブログ 働くこと について書いており、第二の人生で頑張る同世代の心に刺さる記事を目指してます。人生100年、まだまだがんばれます。 >> Twitterをフォローする