ネットリテラシー

Amazonの詐欺メールが久々に来たら、唖然とする内容だった

Amazon.com
じぇいかわさき
じぇいかわさき
連休、有意義に使っていますか?

スポンサーリンク

最近、Amazonからの詐欺メールがすっかり来なくなって、他の物が増えたって言っていたら、いきなりAmazonから詐欺メールがやって来た。

しかも、個人的には初めてのパターンなので、これは是非紹介しなくてはと思い、ブログに書くことにしました。

今度のAmazonはAmazonジャパンでなく、Amazon USAを装っています。かなり本物に近いと思ったのですが、よく見たら笑える部分もありました。

皆さんの所にも来る可能性が有るので、紹介しますので注意してくださいね。

 

 

こんなの初めて!Invoice 97163 from Amazon INC

今回やって来た詐欺メールは、いつもの不正なアクセスがあったから、アカウントを一時的に止めたと言う物では無かったんです。

今回の詐欺メールのタイトルは「Invoice 97163 from Amazon INC」という物で、AmazonからINVOICEを送ったからちゃんと処理してねと言う内容。

今までいろんなAmazonの詐欺メールは来ましたが、INVOICEが来たのは初めてですね。

送り主はAmazon Incになっているんです。最初見たときに、アレこれってAmazon USAからのメールなのか?そう思ったんですよ。

しかし、Amazon USAのページをよくよく見てみると、Amazonって知らなかったのですが、会社名はAmazon Incではなく、Amazon.com Incなんですね。

つまり、Amazon.comまでが社名って事なんです。

ハハァ〜、これでまず一つ嘘だって分かりましたね。

そして実際のメアドは quickbooks@notification.intuit.com と言うAmazonとは全然関係ないメアドなんです。

quickbooksというのは、アメリカのクラウド会計ソフトの名称みたいなんです。

そしてそのソフトを開発したのが、ドメインに入っているintuitと言う会社みたいなんですよ。

つまり、クラウド会計ソフトから発行されたように見えますが、実際はどうなんでしょうね。

そもそも、Amazonは自社ソフトを使用しているはずですから変ですよね。

 

 

メール本文は英文です

さてメールの本文は、INVOICEの説明が有り、その後実際のINVOICEが添付されておりました。

まず最初の部分が説明文ですね。

INVOICE1

そもそも、購入している自分の名前では無くカスタマーになっていますね。INVOICEなんですから氏名が明確になっていなければいけませんよね。

関税の関係もありますので、こんなINVOICEはあり得ません。

次の部分が、QuickBooksの部分になりますね。

INVOICE2

BILL toが自分のメアドになっていますが、普通は氏名を書きます。

そして、面白いのはAmazon Incになっていますが、正式にはAmazon.com Incのはずです。

また住所も全然違いますね。Amazon.comはアメリカワシントン州シアトルですから。

だいたいメールアドレスが、Amazonトは全然関係ないgmailってのも変ですね。

ここまでで、3つ変な部分がありました。

そして最後がINVOICE本文です。

INVOICE3

このINVOICE、いかにも本物のように見えますが先に説明した住所が違いますね。

そして決定的な物が有ります。

皆さんは分かりましたか?

 

そう、Amazonのロゴです。

AmazonのロゴはAmazon.comでAが大文字です。そして、下にある線が矢印では無くかつ方向が逆です。

本物は→が下ゾリになっており、→のスタートはAの文字から始まり、→の指す文字はzなのです。

これはa~zまで何でも揃うと言う意味らしいです。

このロゴはaが小文字でかつ線が上ゾリで逆ですし、端から端までありますね。

このロゴが詐欺メールの決定的な証拠です。

 

 

Amazon詐欺メール まとめ

Amazonを語る詐欺メールが久々に来たと思ったら、いつものアカウントロックではなく、INVOICEの請求メールでした。

しかし、今回のメールでは個人情報窃取のURLは特に無く、あえて言うなれば

notification.intuit.comと言うURLがリンクの何カ所かに有るだけです。

もしかしたら、これが個人情報窃取用のURLなのかもしれません。

それでは、Amazon詐欺メールで覚えておいた方が良いポイントです。

1.AmazonはAmazon.comまでが会社名
2.AmazonのAは文章は大文字、ロゴは小文字
3.Amazon.comの本社はワシントン州シアトル
4.Amazon.comのロゴにはAからzに向かって下ゾリの矢印がある

これらの事を知っていると、Amaoznの海外から来た詐欺メールでも対応できると思います。

もっとも、Amazonの海外からINVOICEが来るようなことは、普通の人はないですから、その時点で詐欺って判断しても良いですね。

 

ABOUT ME
じぇいかわさき
進撃の社畜/弱小プロブロガー 本ブログは、還暦で定年の世代の筆者が、まだまだやれるという事を証明するために新たな事に挑戦した事を情報発信しているブログです。同世代の人達に対して、まだまだいろいろと頑張れる、第二の人生を楽しく生きていく為に現状維持は退化、失敗の反対は行動しないことを座右の銘とし、思い立ったことにチャレンジした記録です。また、せっかく稼いだ収益を騙し取られないように、毎日来る迷惑メールなどのネットリテラシーについても情報発信をしています。 このブログは ネットリテラシー ブログ 働くこと について書いており、第二の人生で頑張る同世代の心に刺さる記事を目指してます。人生100年、まだまだがんばれます。 >> Twitterをフォローする