働き方 PR

結局テレワークは日本企業には根付かない

テレワーク
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

日本の企業は独自の文化を持っており、ガラパゴス化まっしぐらに進んでいる感じがする。ジョブ型雇用制度についてもそうだ。既得権益保護のために役員が改革を拒んでいるから一向に成果主義にはならない。

スポンサーリンク

 

 

同じように、時間の無駄と効率化を図るためにコロナ禍で展開してきたテレワークも、コロナが5類に変わった途端に廃しする企業が続出している事実は否めない。

結果、日本の企業文化は従来からの出社や対面でのコミュニケーションを重視する傾向があり不可視となるようなテレワークは年配管理者ほど拒絶するから定着していかない。

 

 

 

どうして日本の企業はテレワークを推奨しないのか?

テレワーク

日本の企業がテレワークを推奨しない主な理由は、全ての企業に当てはまらないかもしれませんが、以下のような理由が挙げられます

文化的な要因

日本は従来から出社が一般的で、対面でのコミュニケーションやチームワークを重視する文化が根付いています。

特に年配管理者ほど、チームワークという大義名分を上げて目の前に部下がいることを望んでいます。この文化的な背景から、テレワークに対する抵抗感がある場合があります。

 

 

情報セキュリティとコントロール

一部の企業は、テレワークが情報漏洩やセキュリティのリスクを増加させる可能性があると懸念しています。

オフィス内でのセキュリティ対策が難しい場合、テレワークを避ける傾向がありますが、殆どの場合、テレワーク以前に問題がある企業の方が多いと思われます。

情報セキュリティ

 

産業による違い

産業によっては、テレワークが実施しにくい業務も存在します。製造業や小売業など、物理的な場所での作業が必要な場合、テレワークの導入が難しいことがあります。

実際にラインに入り作業をするような場合を除き、生産管理業務や調達などの作業はテレワーク可能であるが、工場という事だけで全員出社させている会社もある。

 

 

上司や管理者の意識

上司や管理者の意識や風土によってもテレワークの導入が左右されます。

この問題が一番大きい要因と考えられ、テレワークに対する理解や信頼が不足している場合、企業全体での推進が難しいことがあります。

要は日本企業文化特有の変化を好まないと言う保守的な文化が根底にあると思います。

 

 

このように様々な要因が考えられますが、根本には日本の企業文化というモノがあらゆる所に影響を出しているのだと考えます。

 

 

 

一旦始めたテレワークを解除してしまう理由

プロジェクト

コロナウィルスの影響で折角テレワークを導入した企業が、コロナウィルスが下火になった途端にテレワークを解除し、出社に切り替えている会社が増えました。

 

ナゼ、このような事が起きるのでしょうか理由を考えてみました。

本来の業務要件

一部の業務は対面でのコラボレーションや特定の設備が必要とされるため、テレワークが適していない場合があります。これらの業務では、通常のオフィスでの作業が必要になってしまうと言う理由です。

 

 

ビジネスニーズの変化

企業のビジネスニーズが変化することがあり、テレワークが必要なくなる場合もあります。

特定のプロジェクトが終了したり、市場の需要が変動したりすると、テレワークの必要性が低くなることがあります。

オフィスワーク

 

労働者の選択

一部の労働者はテレワークを選好する一方で、他の労働者はオフィスでの作業を希望することがあります。

企業は、従業員の意向を考慮しながら柔軟な働き方を提供しようとすることがあります。

 

 

セキュリティと効率性

企業はセキュリティと業務の効率性を考慮し、テレワークの導入や解除を決定することがあります。

セキュリティ上のリスクが低減した場合や業務の効率性が向上した場合、テレワークの解除が検討されることがあります。

 

 

総括すると、企業がテレワークを導入した後に解除するかどうかは、その企業の特定の状況やニーズに依存することも事実ですが、もともとが対面での業務を前提にしている企業文化のため、状況が変化すれば止めてしまうのですね。

 

 

 

まとめ テレワークは日本企業文化には根付かないのではないか?

テレワークが日本の企業文化に完全に根付かないとは言えませんが、日本の企業文化は従来からの出社や対面でのコミュニケーションを重視する傾向があります。

そのため、テレワークの普及は他の国と比べて遅れていたり、一部の企業でのみ導入されていたりすることが事実です。

近年、新型コロナウイルスの流行により、多くの企業が一時的にテレワークを導入し、その経験から柔軟な働き方に対する理解が高まりました。また、政府や業界団体がテレワークの促進を支援する政策を採用するなど、環境も変わりました。

オフィスワーク

しかし、根強い対面での作業を重視する傾向と集団を重視する傾向が抜けきれず、本来はテレワークできる業務も対面処理を実施している事実も否めません。

これらを打破するには、業務内容の整理を徹底的に実施し、いわゆる業務の適材適所を明確にすることでテレワークなどを推進し、業務効率化と人員の最適化を図るべきです。

不景気だと言われている中、いわゆる無駄作業や無駄な人員に費用を発生させている限り、会社の業績は変わっていきません。

 

やはりチームワークの対面業務、年功序列の生粋の日本企業文化を破壊し、業務効率化、リソースの最小化、役割定義による成果主義に会社文化を変えていかない限り、大企業といえども生き残ってはいけないと思います。

柔軟性を持った働き方がテレワークであり、経営陣も柔軟な考えを持たない限り根付いては行かないでしょう。

スポンサーリンク



 

Loading

ABOUT ME
じぇいかわさき
進撃の社畜/弱小プロブロガー 本ブログは、還暦で定年の世代の筆者が、まだまだやれるという事を証明するために新たな事に挑戦した事を情報発信しているブログです。同世代の人達に対して、まだまだいろいろと頑張れる、第二の人生を楽しく生きていく為に現状維持は退化、失敗の反対は行動しないことを座右の銘とし、思い立ったことにチャレンジした記録です。また、せっかく稼いだ収益を騙し取られないように、毎日来る迷惑メールなどのネットリテラシーについても情報発信をしています。 このブログは ネットリテラシー ブログ 働くこと について書いており、第二の人生で頑張る同世代の心に刺さる記事を目指してます。人生100年、まだまだがんばれます。 >> Twitterをフォローする