【アップデート】Amazonからメールが来た、しかもアカウント閉鎖だって!どうするよぉ〜、OKだった。

ネットリテラシー
この記事は約6分で読めます。

いきなり、そう何の前触れもなくAmazonからメールがやってきた。まあ何時ものアソシエイトの実績報告かと思っていたんですが・・・

ち、違った!

なんとやって来たメールはアソシエイト・プログラムアカウントの閉鎖のメールだった。

 

 

はっきり言って、とても驚いた!

 

なんか俺、規約違反したかいな?そう思って、頭をフル回転したんですが、思い当たるフシは何にも無い。ハテ?

 

メールの内容は以下のとおりだ

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

本日より7日以内に、Amazonは下記の運営規約に基づき、貴殿のアソシエイト・プログラムアカウントを閉鎖させていただきます。

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約
https://affiliate.amazon.co.jp/help/operating/agreement/
なぜ、私のアソシエイト・プログラムアカウントは閉鎖されるのですか? 貴殿のアカウントは365日以上売り上げがないためです。

私は何を行えばいいですか?
貴殿のサイトより、Amazonの商標、特別リンクを含むすべてのAmazonコンテンツを削除し、使用を中止してください。なお、本通知以前に発生している未払いの紹介料については、毎月末の支払い時期に支払いが行われます。

貴殿はいつでも下記のURLより新規のお申し込みを行うことができます。 https://affiliate.amazon.co.jp/

アソシエイト・プログラムへのご参加をいただき、ありがとうございました。

引用:Amazon Associatesから

確かに、この内容を読む限りでは一般的な指定外のサイトに、アソシエイト広告を貼ったとか言う規約違反ではなく、売上が1年以上無いので失効させるというものだ。

 

確かに、メールの題名をよく見ると、

Amazonアソシエイト・プログラムのアカウントについて : xxxxxxxxxx-22

と、トラッキングIDが書かれていた。

 

このIDは確かに殆ど使っていないIDで、かなり昔、そうだな10年以上前に付与したトラッキングIDなんだよね。

一つのプログラムアカウントの配下に複数のトラッキングIDを取得することができるが、取った後に、使わなくなったIDを放置していたことによる規約違反が今回の原因だ。

 

問題は、この題目に有るトラッキングIDの閉鎖なのか、その上位に当たるプログラムアカウントなのかが、はっきり分からなかった。

 

そこでまず、慌てずに2つの問い合わせメールをAmazonアフィリエイトに出したんだ。

 

まず1つめは、今回上記のようなメールを受け取ったのですが、この文中にあるアカウントの閉鎖は、メールの題目にあるトラッキングIDのことなのか、それとも大元のプログラムアカウントなのか、どちらなんでしょうか?と言う問い合わせ。

 

それを送った後に、もう一つトラッキングID削除依頼のメール。

こちらは、従来複数のサイトを運営し、個別にトラッキングIDを取得し運営しておりましたが、サイトの閉鎖に伴い管理効率化を行うため、未使用のトラッキングIDを削除してください。対象のトラッキングIDは以下になります。

こうして、削除をしてもらうトラッキングIDを連絡してみた。

 

実際にはどんな返事が来るかわからないが、いちよう2枚ストッパー的な防御はしてみたんです。

 

こんな経験は初めて何で、同対応したら良いのかが全く分かりませんが、ふと思いついた事をやってみました。

 

1つ目の問い合わせは、オープンな問い合わせ先から、そして2つ目の依頼は自分のプログラムアカウントにログインしてから、同じように問い合わせから行った。

プログラムアカウントにログインして問い合わせを開くと、氏名を入れるだけでメアドやトラッキングIDが自動入力される。

 

GoogleでSearch consoleでエラーが出ていると怒られることはたまに有るが、今回のようなケースでAmazonからの指摘は初めての経験。

 

最悪、売上も微々たるものなので、プログラムアカウントを閉鎖されても大きなインパクトはないですが、再度申請してプログラムアカウントを取得するのが大変そうなんですよね。

 

Google Adsenseもそうですし、Amazonアソシエイトも最近はサイトの内容とか、アクセス数とかを結構チェックして審査を実施しているので、今更ながら新規に作ったサイトは通りにくい可能性が有るんだよね。

 

Adsenseにしても、Amazonアソシエイトにしても、もう10年以上前に取得しているので、今更切らしてしまうと大変な気がする。

それだけが悩みのタネなんだよね。

 

もし、プログラムアカウントの閉鎖だったら、一番PVがあるサイトで申請して、審査合格後に他のサイトを追加するかな。

 

いずれにしても、メールは出したばかりなので、どんなふうに返事が来るのか待ってみたいと思う。返事の内容や対応方法については、随時追加していきます。

 

ドキドキの毎日になるなぁ〜

【アップデート】

早い!Amazonから連絡が来ました。2通送ったのですが、1つにまとめて回答をしていただきました。

 

流石、Amazonです。顧客重視の対応、ジェフ・ベゾスの方針が隅々にまで行き届いておりますね。

Amazonからの回答を御覧ください。

Amazon.co.jpアソシエイト・プログラムにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

今回複数のご連絡をいただいておりますが、返信は一通におまとめいたします。

閉鎖対象となっているアカウントは以下のみです。その他のアカウントの閉鎖はされません。

xxxxxxxx-22

なお、その他のアカウント(zzzzzzzzzz-22)の閉鎖依頼は来週以降実施される「xxxxxxxxxx-22」の閉鎖が開始され次第、行わせていただきますので、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

その他にもご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。
アソシエイト・プログラムをご利用いただき、ありがとうございます。

こんな感じで、正に神対応です。

やはり、無報酬が続いていたトラッキングIDの閉鎖であり、それ以外の物は対象外とのことです。ホッ、これで一安心!

 

しかも、もう一つの稼働が低いトラッキングIDの削除については、今回の対象IDを削除した後に対応してくれるとのことで、こちらも一安心になります。

 

こっちが焦って送ったメールに対しても、丁重に回答していただき、最後に感謝の言葉を掛けてくれるなんて、流石Amazonとしか言いようがありませんね。

 

これで、Amazonアソシエイトは今まで通りに使えることが判明しました。ちょっとヒヤッとしましたが、ハッピーエンドで終わってよかったです。

 

Google Adsenseもそうですが、定期的に見直しをして最新状態に保っておかないと、ある日突然停止命令が来ないとも限りませんね。

 

やはり、備えあれば憂い無しで、日々の点検が重要かな。

 

 

コメント

  1. js より:

    私も、同じメッセージがamazonからきて困っています。
    お忙しいところ恐縮ですが教えていただければ幸いです。

    Amazonアソシエイトから下記のメールがきました。1年間売り上げがないと削除されるのですか?

    >>>
    平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

    本日現在、Amazonは下記の利用規約に基づいてアソシエイトプログラムアカウントを閉鎖します。

    Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

    注 – このご連絡はEmailの件名に記載のあるアカウントのみに関するものです。

    なぜ、私のアソシエイト・プログラムアカウントは閉鎖されるのですか?
    お客様のアソシエイト・プログラムアカウントは365日以上売り上げがないためです。
    なお、今回閉鎖されるのはアソシエイト・プログラム専用のアカウントであり、
    その他のアカウント(例:注文アカウント、出品アカウント)については、これまで通りご利用いただけます。

    私は何を行えばいいですか?
    貴殿のサイトより、Amazonの商標、特別リンクを含むすべてのAmazonコンテンツを削除し、使用を中止してください。
    なお、本通知以前に発生している未払いの紹介料については、毎月末の支払い時期に支払いが行われます。

    あなたはから新しいアプリケーションを申請することができます このURLいつでも。

    アソシエイト・プログラムへのご参加をいただき、ありがとうございました。
    >>>

    それとも訪問者が意地悪で、何かを報告されて、停止されたのでしょうか?

    この場合、同じサイトでは、もう二度とアマゾンの商品はアフィリエイト出来ないのでしょうか?

    もしもアフィリエイトなどの広告も同じく使えないようにされるのでしょうか?

    何が気に入らなかったのか理由もわかりません。

    みんな一年間売り上げが0だと停止されるのでしょうか?

    • じぇいかわさき より:

      jsさん、コメントありがとうございます。
      今までは、売上が無くても続けてこれましたが、ルールが変更になり1年間売上の無いアカウントはクローズし、削除されるようになったようです。

      理由はよくわかりませんが、アフィリエイトをする人が増えて、一人の人がサイトごとにアカウントを申請し、使用を開始したのですが、中には何もクリックされないアカウントが多数あり、そのようなアカウントは削除して管理を軽減する目的もあるのではないでしょうか。

      簡単に言うと売上の無い幽霊アカウントを削除しているのだと思います。

      多分、1円でも有ったようなアカウントであれば、削除対象から外れたと思います。
      自分の別のアカウントは数十円あったので、未だ継続できています。

      >それとも訪問者が意地悪で、何かを報告されて、停止されたのでしょうか?
      それはないと思います。

      >この場合、同じサイトでは、もう二度とアマゾンの商品はアフィリエイト出来ないのでしょうか?
      同じアカウントは使用できませんが、新規に申請すればアカウントは作成できると思っていますが、自分ではまだ試したことはありません。
      その新しいアカウントで広告を作れば良いと思います。

      >もしもアフィリエイトなどの広告も同じく使えないようにされるのでしょうか?
      Amazon側のアカウントが消滅すれば、もしもアフィリエイトでAmazonとリンクしているものは使えなくなるのでは。Amazon以外は普通に使えると思います。

      >何が気に入らなかったのか理由もわかりません。
      Amazonのアフィリエイトルール変更を実施しただけで、売上がないと言うのが唯一の理由だと思われます。

      >みんな一年間売り上げが0だと停止されるのでしょうか?
      自分もそうですが、基本一年間売上がないアカウントに対して、停止だと思います。

      自分が分かる範囲ではこんな感じです。

      また、これより別に1円もで売上が有ればアカウントは停止されませんが、一定以上の売上が無いとAmazon APIが使用できなくなります。
      自分はできなくなりました。これもAmazonのルール変更に伴う内容のようで、Amazonに対して、一定以上の売上貢献をしないと便利なAPIも使えなくなるということです。
      APIは使用できなくなりますが、Amazonのアフィリエイトページで広告タグを作成して、貼り付ける場合は使用できます。従って、広告を表記するRinkerなどのプラグインは使用できなくなりました。

      Adsenseもそうですが、審査基準がだんだん厳しくなっている事と、スポンサー側も成果の無いアカウントが増えすぎるのを、管理削減のために抑えてきているように感じます。

  2. js より:

    お返事大変ありがとうございます。
    お時間が忙しければ、終了しますので、お伝えください。
    お忙しいところ恐縮ですが、可能でしたら、もう少し教えていただければ幸いです。

    問い合わせた所、下記のメールが返ってきました。

    >>>
    メール2.
    365日以上売り上げがないため閉鎖させていただいております。

    お客様はいつでも下記のURLより新規のお申し込みを行うことができますので、新たなサイトでのお申し込みをいただき、必要な審査を受けていただきますようお願いします。

    https://affiliate.amazon.co.jp/
    >>>

    新たなサイトとあるので、今登録していたり、広告を貼っているサイトは、もう二度とアマゾンアソシエイトを利用できないのですか?
    まったく別の新しいサイトを作って、そのドメインで再申請しないといけないのでしょうか?

    >>>
    同じアカウントは使用できませんが、新規に申請すればアカウントは作成できると思っていますが、自分ではまだ試したことはありません。
    その新しいアカウントで広告を作れば良いと思います。
    >>>

    ショッピングを含めた、Amazonのアカウント自体を新しく作れば、恐らく何度でもチャレンジできるのですね。
    それならアドセンスのように、一度停止を食らうと、引っ越しをしないと、生涯復活できないという事はなさそうですね。
    安心しました。

    ただ、サイトのドメイン名や、デザインで識別されると、そのサイトでは二度と申請できなくなってしまいます。
    再審査の際人間がそこまで、確認しているという噂を聞きますか?

    それとも、わざわざ再審査の際に、人が見に来る事はないので、サイトのドメイン名や、デザインで識別される
    ということはおそらくないでしょうか?

    もしそうなら、同じサイトで、とりあえず再申請してみます。

    アフィリエイトのページもあるので、商品の価格の比較ページに、Amazon公式サイトの商品画像と値段の記載があります。
    もちろん記載日にちを表記していますが、これでも規約違反の可能性があるんですよね。

    しかし、アフィリエイトをやる限り現実値段比較をしないわけにはいかないのですが、
    再審査の際は、ここで、だめになる可能性が高いでしょうか?
    目視確認までするんですかね?

    もしここが気になるなら、全く別のサイトで申請を通して、
    その後に値段比較をしているサイトを追加すれば、まず問題ないとちまたでは言われていますか?

    私が調べた限りそのような情報が多いなと思いましたが、どう思われるでしょうか?

    お忙しいところ恐縮ですが教えていただければ幸いです。

    • じぇいかわさき より:

      こんにちはjsさん

      >お客様はいつでも下記のURLより新規のお申し込みを行うことができますので、新たなサイ>トでのお申し込みをいただき、必要な審査を受けていただきますようお願いします。
      >
      >https://affiliate.amazon.co.jp/
      となっておりますが、当方が受け取ったメールでは、”新たなサイトでのお申し込みをいただき、必要な審査を受けていただきますようお願いします。”の部分はありませんでした。

      自分が受け取ったメールでは、その部分がなかったので、新規に同じURLで申請しても良いかと思っておりました。
      新規の申請で受け取れるのは、新しいアソシエイトーIDですので、それを使用すれば同じURLでも使えるのではないでしょうか?

      自分の場合は、既に更新を停止したHPだったので、特に何もせずAmazonの指示に従いました。

      ”新たなサイ>トでのお申し込みをいただき、必要な審査を受けていただきますようお願いします。”については、もう一度この部分の意味を教えてくださいと、Amazonに問い合わせメールを出すのが一番早いかと思います。

      Amazonは意外と親切に教えてくれるので、自分の理解しているないようで間違いないのかと、問い合わせればよろしいかと思います。

      すいません、価格比較サイト自体を作ったことがないので、質問されている内容の開始方法はちょっとわかりません。申し訳ないです。

  3. js より:

    ありがとうございました。

    確認してみます。

タイトルとURLをコピーしました