DX

DXを定着させるために必要なこと

DX
じぇいかわさき
じぇいかわさき
どうもじぇいかわさきです。

今回は少し現在の働き方について、世の中の流れから見ていきたいとおもいます。

現在、世の中の流れとして働き方改革が言われてからそこそこの月日が経過しました。

そして、現在は働き方と会社の収益改善のために、DX推進ということが大々的に叫ばれる時代となりました。

そんな中、面白い記事が有りましたので、その記事を題材に今回は自分の考えを述べて行きたいと思います。

その記事は以下になります。

 

 

自分も長年ものづくりに関わってきましたので、世の流れと日本のものづくりで不足している所は有る程度わかっているつもりです。

この記事にもありましたが、現状の日本の企業のほとんどが、言葉に踊らされるケースが多く、今回のDX推進も同じです。

結局、企業としての目標、目的が不明確のまま世の流れ、または流行りと言うことでDX推進を始めてもうまくいかないのが実態ということです。

それでは、それらについて説明して行きましょう。

 

 

DXの意味

経産省が「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)」において、以下のようにDXを解釈をしております。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

 

ここでのポイントは、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立することであり企業文化を変革して対応すると言うこと。

ほとんどの企業は、この部分を理解しておらず目先のIT化という部分だけにフォーカスして取り組んでいます。

ひどい企業は、IT化は何をすればいいのかも分からない企業もいる次第です。

データ解析

一部の会社の幹部は、IT化すればDX化されたことになると理解している方も多く、リテラシーの低さを物語っております。

仮に、IT化すればDX化が達成できるのであれば、既に多くの大企業は達成してきていることになりますよね。

しかし、実際にはDX化しなければいけないと大企業が言っているのですから、IT化=DX化ではないのです。

でも、IT化だと思っている幹部が多いことも事実

 

 

DXへの取組状況

今回のアンケートは上場企業の経営者、デジタル戦略専門役員、人事戦略専門役員を対象に実施した結果のようです。

非常に面白い結果が出ておりますよね。

調査結果は大きく3つ示唆した内容になっております。

  1. DXでの事業改革に成果を上げている日本企業は3割程度
  2. DXのための組織改革や人事制度改革には踏み込んでいない企業が多い
  3. 足りないとするDX人材教育においても社員研修を実施していない企業が4割

これは驚愕の内容ですよね。

デジタルツール

これだけDXだDXだと言っていても3割しか成果を上げていないんですからね。多分、ほとんどの会社はIT化した時点で止まってしまっているのでしょう。

また、人材が足りないと言いながらもDXに関する研修はほとんど行われていないのですから、実際に企業としてDX推進が拡大していくとは思えませんね。

成果が出ない、DXに関する研修が実施されていない、この状況下で最も大きな要因なのは、やはり組織として確立されていない、確立されていても機能していないと言う点に課題があるのではないでしょうか。

 

 

何故、組織改革や人事制度改革には踏み込めないか

皆さんは何故だと思いますか?

 

働き方改革の時もそうでしたが、経営陣が明確なビジョンを持っていない事が一番の要因ではないでしょうか。

ビジョンが無いと言うことは、どこに向かって社員のベクトルを向ければ良いのかが分からないと言う事です。

つまり、以下の事が言えるのではないでしょうか。

  • 経営陣が何をしたいのか分からない
  • 目標が設定できない
  • どんな組織と人材が必要か分からない
  • とりあえず目先のIT化を推進する
  • 投資の割合に効果はほとんど出ない

 

企業理念

これが実態でしょうね。この何を視界か分からない、目標が設定できないと言う事から負のスパイラスが始まってしまい、何をしても抜け出せなくなるのでしょう。

重点ポイント

要はDX化することで、会社として何にフォーカスして改善をし、企業として発展させようとする事が経営陣が分からないんですね。

 

 

DX推進を確実に行うためには

それでは、実際にDX推進を確実に実施して行くにはどうしたらよろしいでしょうか。

  1. 自社の強み弱みを再認識し、求める姿の目標を設定する
  2. それらの強み弱みを補完するためにIT化を行う
  3. IT化により見える化を促進し、強みを更に伸ばし、弱みを修復する
  4. DX推進の機能分担を明確にし、昨日別の組織と人材を整備する
  5. DX推進の進捗と効果を、経営陣が自らチェックし指示を出す

このようなことを、まずは経営陣が理解し自ら率先して行動していかなければ、企業としての改革は進まない。

間違っても、IT部門や推進部門に丸投げして、結果だけ確認し文句を言うようなことは絶対にしてはいけない。

また、IT化を過信しIT化すれば何でもできると思ってはいけなく、IT化は単なるツールとして使用し、そのツールを使いこなし効果を出すのは人で有ることを忘れてはいけない。

 

そのことに気がついた経営陣の居る企業は、先々生き残り発展をしていくでしょう。

ABOUT ME
じぇいかわさき
進撃の社畜/弱小プロブロガー 本ブログは、還暦で定年の世代の筆者が、まだまだやれるという事を証明するために新たな事に挑戦した事を情報発信しているブログです。同世代の人達に対して、まだまだいろいろと頑張れる、第二の人生を楽しく生きていく為に現状維持は退化、失敗の反対は行動しないことを座右の銘とし、思い立ったことにチャレンジした記録です。また、せっかく稼いだ収益を騙し取られないように、毎日来る迷惑メールなどのネットリテラシーについても情報発信をしています。最近はプログラムにも挑戦しだしました。 このブログは ネットリテラシー ブログ 働くこと について書いており、第二の人生で頑張る同世代の心に刺さる記事を目指してます。人生100年、まだまだがんばれます。 >> Twitterをフォローする