ネットリテラシー

Amazonを語る新手の詐欺メール到来、みんな注意しよう

不正アクセス

こんばんは、じぇいかわさきです。今日新たに、Amazonのアカウント確認と言う詐欺メールが来ました。今までより成功に出来ております。

スポンサーリンク

これは危険だと思いましたので、情報公開し皆さんへの注意喚起を促します。

 

 

Amazonを語る新手の詐欺メールのタイトルは長い

今回やってきた詐欺メールの特徴は、題名が長い。こんな長い題名だと余計に疑うよなって思うようなもの。

その題名は「Amazon.co.jp にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認 」

いかにもさ、個人情報を窃取しますよって言っているような題名だよね。この題名を見て、詐欺だって思わない人は、かなりヤバいですよ。

 

 

問題の本文はこれ

Amazon お客様 

残念ながら、あなたのアカウント

Аmazon を更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか。請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため

Аmazon 情報を確認する必要・ェあります。今アカウントを確認できます。
Аmazon ログイン

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。

パスワードを変更した覚えがない場合は、至急(03)-5757-5252までお電話ください。

お知らせ:

  • パスワードは誰にも教えないでください。
  • 個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。
  • オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。 
Аmazon 

余分なリンクは、Gmail上で削除されていたので確認できませんでした、またロシア当たりのドメインじゃないでしょうか。

[ads]

 

今までに無い特徴として、電話番号が記述されていますが、どうもこれも架空のアマゾン・ジャパンのお客様センターみたいなんです。この番号をネットで検索すると、架空請求番号と出てきます。

この番号自体は4月の初め位から出回っていて、5月に入って急増しているようですね。

また、お知らせの部分は、結構それらしく正しいような内容が書かれており、これで正規だと言う状況を出しているんでしょうね。

 

まとめ

一時期、Amazonプライム会員の値上げの時に、結構Amazonを語る詐欺メールが来ましたが、ここの所少なかったなと思っていたら、自分のところには初めての新手詐欺メールが来たんです。

しかし、自分のところに来たのはAmazonに登録していないメアドに来ましたので、この時点で”あ~あ、また詐欺メールか”と判断できました。

内容を見ると、真実味を増すような細工はだんだん高度化されてきてはいますね。

しかし、所詮は詐欺メールですから、よく見ればボロはあります。無差別に送ってくるのが詐欺ですから、一番最初にチェックするのは、登録されたメアドかどうかですね。

最初に書いたように、いかにも個人情報窃取目的のような題名のメールですので、これに騙されてはネットリテラシーが低いではなく、無いになりますので十分注意願います。

何回も言いますが、メールでの連絡は絶対にありませんので、メールできた時点で詐欺と思うようにしましょう。

 

ABOUT ME
じぇいかわさき
進撃の社畜/弱小プロブロガー 本ブログは、還暦で定年の世代の筆者が、まだまだやれるという事を証明するために新たな事に挑戦した事を情報発信しているブログです。同世代の人達に対して、まだまだいろいろと頑張れる、第二の人生を楽しく生きていく為に現状維持は退化、失敗の反対は行動しないことを座右の銘とし、思い立ったことにチャレンジした記録です。また、せっかく稼いだ収益を騙し取られないように、毎日来る迷惑メールなどのネットリテラシーについても情報発信をしています。 このブログは ネットリテラシー ブログ 働くこと について書いており、第二の人生で頑張る同世代の心に刺さる記事を目指してます。人生100年、まだまだがんばれます。 >> Twitterをフォローする