プログラミング

【Python3】MacでPython3を使いMariaDBにアクセスしてみる

パイソンプログラミング

おはようございます。じぇいかわさきです。

 

MacへMariaDBのインストールが完了しました。次は、いよいよPython3を学んでいく段階です。

 

ラズパイで実行できた、MariaDBへ接続して登録されているデータを読み出すところまで、もう一度やってみようと思う。

 

パイソンプログラミング

 

 

 

今度はPython3の環境を整備する

まずは、Macで標準でインストールされているPython2ではなく、最新のPython3を使用していくためにバージョン切り替えができるように、pyenvというツールをインストールする。

 

このツールも、Homebrewを使ってインストールするんだ。

 

brew install pyenv

 

コマンドを実行すると、関連するライブラリーも含めて自動でインストールしてくれる、非常に便利なツールだよね。

pyenv

勝手に実行してくれて、あっという間に完了してしまう。

 

そうしたら、MariaDBに接続するためのライブラリーをインストールする。

 

前回、ラズパイのときにはpymysqlというものをインストールしたが、Macの場合には違うものを入れるようだ。

 

今回Macにインストールするライブラリーは、mysql-connectorというものになる。

 

Python3のpkgコントロールソフトのpip3を用いて、このmysql-connectorをインストールする。

pip3 install mysql-connector-python

 

こちらも、Homebrewと同じように、依存関係のあるライブラリーを勝手に抽出して、指定サイトよりダウンロードし自動でインストールする。

 

こちらもあっという間に終了した。

mysql-connector

終了すると同時に、現在インストールされているpip3は古いので、最新にUpgradeするように指示が出たので、一緒にUpgradeの処理も実施した。

pip3 install –upgrade pip

 

たったこれだけのコマンドで、あっという間にpip3も最新版にしてくれた。非常にありがたいですね。

 

これでMariaDBに接続するための準備が揃ったので、まずはMariaDBを起動させる。

mysql.server start

Starting MariaDB

.190821 19:32:03 mysqld_safe Logging to ‘/usr/local/var/mysql/NERV.err’.

190821 19:32:03 mysqld_safe Starting mysqld daemon with databases from /usr/local/var/mysql

SUCCESS!

これでMariaDBが起動した。

[ads]

 

次は、python3と打ち込み、python3を立ち上げる。

 

>>> import mysql.connector

>>>

>>> conn = mysql.connector.connect (

… host = ‘localhost’,

… #port = ‘3306’,

… user = ‘rasp’,

… passwd = ‘password’,

… database = ‘iotdata’

… )

>>>

>>> conn.ping(reconnect = True)

>>>

>>> print(conn.is_connected())

True

>>>

>>> cur = conn.cursor()

>>>

>>> cur.execute(“select * from temphumd “)

>> print(cur.fetchall())

 

Python3で前回ラズパイで試したSQL文を多少変更して実行してみた。

SQL

前回と同じように、このSQL文でテーブル内のデータを読み出すことに成功した。

 

もっと使いやすい環境にする

ターミナルを起動して、直接コマンドを打ち込むのも良いが、やはりIDEがあったほうが良いと感じた。

 

そうしないと、せっかくMacに移行した意味が無いんだよね。

 

とりあえずネットで調べてみると、ラズパイで使用していたThonnyというIDEがMacでも使えるようなんだ。

 

ここから、Mac用のものをダウンロードして使用することにした。Macの場合は、pkgされているので、ダウンロード後にダブルクリックすれば直ぐに使えるAppが出てくる。

 

そのThonny.appをアプリケーションフォルダーに移せばそれで完了。直ぐに使えるようになる。

 

早速起動すると、ラズパイと全く同じ画面が立ち上がってくるので、すごく親しみを覚えた。

 

Thonny

[ads]

 

ラズパイと違い、そのままでは使えないので環境設定を一部変更する。

 

環境設定

 

今回変更するのは、What should Thonny use for runnnig your code? という部分を、標準から今回使用するようになったPython3を選ぶ。

 

次に、Which interpreter to use for sunnning programs?という項目を、Python3の使用するバージョンのDIRを選ぶ。

 

これで環境設定は終了だ。

 

後はコードを書き込んで、実際の動きを見てみれば良い。

 

先程、ターミナルでPython3に直接打ち込んだ内容を、冗談のウィンドウに書き込み、一旦ファイルを保存後に実行してみる。

 

Thonny実行例

ラズパイで見たことと同じ結果が、Shellウィンドウに表示されている。

 

これでラズパイと同じ環境が出来上がったことになりました。やっとスタートラインにたった感じですね。

 

 

まとめ

この歳になって目覚めたプログラミング。

 

流行りということもあり、Python3に手を付けだしたのだが、未だPython3の魅力って何なのかが理解できていない。

 

ラズパイでIoTを実現すると言うことから始めたのですが、ラズパイ自体はやはり使いにくいと言うか、プログラムを書いて検討するというようなことは、ちょっとやりにくいなって自分では思った。

 

人間、やはり慣れた環境が一番であるので、普段使いのMacで同じことが出来ないかと言うのが今回の挑戦だった。

 

実際にやってみると、macOS自体がBSDベースなので意外とすんなり行くのかと思っていたが、やはりOSの違いの壁は存在した。

 

しかし、ラズパイの時もそうでしたが、その壁を一つひとつ超えていくことで、自分の身となり血となっていくことを体験した。

 

これからは、この揃えた環境を使ってPython3を学んでいきたいと思っている。

 

自分なりにかなり楽しみになっているが、全部をブログに書けるかが心配ですね。

 

まあ気楽にマイペースでがんばります。

 

リタイヤ前のおじさんの励みになれば良いかな。

 

 

[twt]

ABOUT ME
じぇいかわさき
進撃の社畜/弱小プロブロガー 本ブログは、還暦で定年の世代の筆者が、まだまだやれるという事を証明するために新たな事に挑戦した事を情報発信しているブログです。同世代の人達に対して、まだまだいろいろと頑張れる、第二の人生を楽しく生きていく為に現状維持は退化、失敗の反対は行動しないことを座右の銘とし、思い立ったことにチャレンジした記録です。また、せっかく稼いだ収益を騙し取られないように、毎日来る迷惑メールなどのネットリテラシーについても情報発信をしています。最近はプログラムにも挑戦しだしました。 このブログは ネットリテラシー ブログ 働くこと について書いており、第二の人生で頑張る同世代の心に刺さる記事を目指してます。人生100年、まだまだがんばれます。 >> Twitterをフォローする