ビジネス書評

時間革命と言う本をよく読んでみたら目からウロコだった

時間革命
【この記事の内容】
・時間革命を読んでオッって思った事
・時間革命を読んで自分が感じた事
じぇいかわ
じぇいかわ

おはようございます。じぇいかわさきです。

前評判が良い、ホリエモンが書いた時間革命を読んでみました。

 

 

書いてある内容の表現は、ホリエモンらしいのですが、書いてあること自体はなるほどと唸る内容ばかり。

 

この本を読むと、時間に対する考え方、使い方とその大切さを学ぶことができると思います。

 

この記事を読むと、時間の重要性とホリエモンの考え方の一部が理解できます。

 

 

時間革命を読んだら最初にオッとなった事

時間革命を読んだら最初にオッとなった事

 

時間革命を最初から読んでみたら、いきなり最初からオッとなった文章だった。

サチコ
サチコ

はじめにからインパクトあるね

時は金なり」よく言われる事ですが、一般的には時と金は同等で有るという考えなんですね。でも、ホリエモンはそんなことは無いと強く言っているんです。

 

ホリエモンに言わせると、お金は困ったらバイトをしてでも自分で稼げばよい事で、それで食う事はできるが、過ぎ去った時間は絶対に取り戻すことはできない。

じぇいかわ
じぇいかわ

人間にとって何よりも尊いのは時間だと言い切っている。

つまり、お金なんかより時間の方がずっと大事だと言う事で、タイムイズマネーではなく、タイムイズライフだと言っている。

言われてみれば、確かにそうだと納得でき、今まで当たり前だったことを当たり前ではないと打ち砕くところがホリエモンらしさなのかもしれないね。

 

 

時間革命を読んでびっくり 多忙=暇

時間革命を読んでびっくり 多忙=暇

 

時間革命を読んでみて、次に確かにと思ったのがこの多忙=暇と言う定義です。

確かに、自分の時間として使っていれば多忙と考える暇はない。面白い事がスケジューリングされていれば、次から次へとワクワク感が止まらないので、忙しいとか思わないのは納得できる。

人に使われている時間だと、自分の時間ではないのでワクワク感もなく集中できない。だから、忙しいとかいう思いになってしまう。

 

今の社会では、暇だねと言われることに対して必要以上に敏感になっており、暇であっても暇とは言わないのです。むしろ、忙しくてと言うのが口癖となり、忙しくてと言っている人ほど暇なんだと言う事が分かってしまう。

つまりだ、ワクワク感がないので自分のやりたい事も無く、暇と言う事なんだろうね。

 

暇と言った人の価値はどのくらいの物なんだろうか?

 

 

時間革命を読んで自分が感じた事

時間革命を読んで自分が感じた事

 

時間革命を読んでみて、ふと自分はどうなんだろうって考えてみた

 

するとどうだろうか、会社と言うのは本当に他人の時間を窃取していることが多いのが理解できたんです。他人に自分の時間を蝕まれ、そのために忙しいという気になる。

 

忙しいという感覚は、他人の事に自分の時間を使われることにより、忙しいと思いこんでいるだけなんじゃないかな。

 

その忙しいと言われている時間で、自分の何に役立つのだろうか?

 

特に一番時間を無駄使いしているなと思うのは、結論が無い会議だね。更に言うと、会議のための事前会議。

 

会議のための事前会議って、一体全体何なんだと思わないかい。

 

今の日本社会では、当たり前のようになっていることだよね。他人と時間を共有することにより、互いの傷を舐めあい一生懸命にやった気になっている。

 

しかし、アウトプットは何もなく単なる時間の消費でしかない。単に浪費するような時間が有ったら、自分のためになるインプットをしたいと感じている。

 

時間革命と言う本は、ホリエモンがこのようなどうでもいような事については、関わるなというような事を言っている。

  • 徹底的にムダの時間を殺せ
  • 常識や世間体に時間を溶かすな

と言っていることがそういうことだと思う。

 

確かに有限な時間をいかに効率よく自分のために使って行くかが、今後生きて行く上での最大の課題なのではないか。

 

だから、最近自分は宛先がToでない場合は会議に出席しない事を徹底している。

 

 

時間革命と言う本をよく読んでみたら目からウロコだった まとめ

時間革命と言う本をよく読んでみたら目からウロコだった まとめ

時間革命と言う本をよく読んでみたら、当たり前の事なのに日頃目を背けている事に対して単刀直入に書いていることが、目からウロコだった。

 

人間、嫌な事に対しては直視できずにどうしても目をそらしてしまう。

 

この時間と言うことが、まさにそのことだろうと思うんです。

 

実行できない人は、必ず言い訳として「忙しくて時間が無い」そういうんですよね。

 

忙しいわりに、トイレに行っているだろう、食事しているだろう、寝ているだろうって言いたい。

 

しかし、ホリエモンが文中でいっているように、おいしいものを食べ、ぐっすり寝ることがストレスを無くすという意味からも一番重要。

 

起きている時間をいかに効率よく自分の時間として使用できるかが最大ポイント

 

確かに、睡眠を削ってまで実施したことは思ったほど効率が良くないし、でき上ったものもいまいちなんですよね。

 

この本が言いたかった事は、時間が最も重要なものであるから、時間を無駄にしないためにも、「ひとまず」「いったん」「とりあえず」と言うことで何でもやってみる事が大事と言う事だ。

 

この記事を読んでくれたあなた、是非この本を読んで自分の時間の使い方を見直してほしい。

じぇいかわ
じぇいかわ

ホリエモンの考え方も理解できておもしろいよ。

>> がんばる個人のための「もしもアフィリエイト」

 

ABOUT ME
じぇいかわさき
進撃の社畜/弱小プロブロガー 本ブログは、還暦で定年の世代の筆者が、まだまだやれるという事を証明するために新たな事に挑戦した事を情報発信しているブログです。同世代の人達に対して、まだまだいろいろと頑張れる、第二の人生を楽しく生きていく為に現状維持は退化、失敗の反対は行動しないことを座右の銘とし、思い立ったことにチャレンジした記録です。また、せっかく稼いだ収益を騙し取られないように、毎日来る迷惑メールなどのネットリテラシーについても情報発信をしています。最近はプログラムにも挑戦しだしました。 このブログは ネットリテラシー ブログ 働くこと について書いており、第二の人生で頑張る同世代の心に刺さる記事を目指してます。人生100年、まだまだがんばれます。 >> Twitterをフォローする