経験者が語る、雑記ブログと特化ブログどちらが良いか!

複業・副業
この記事は約6分で読めます。
サチコ
サチコ

雑記ブログと特化ブログが有るけどどっちが良いかな?

じぇいかわ
じぇいかわ

一兆一旦だけど、両方経験して見えてきたモノがあるよ

今両方のブログを運営してきて、経験者として言えることが見えてきた感じがします。ポイントは読者になり、実はブログの種類は関係ないんです。

 

今回、経験者の立場から雑記ブログと特化ブログのどちらが良いかを検討した結果を書きますね。

 

★この記事を読むと、雑記ブログと特化ブログの違いと本質を知ることができます。

 

雑記ブログと特化ブログで勘違してはいけない事

雑記ブログと特化ブログで勘違してはいけない事

雑記ブログと特化ブログどちらが良いか!と言う事の前に、この記事を読まれる方について最初にお話しすることが有ります。

 

特化ぶログと違って、雑記ブログは読んで字のごとく何を書いても良いんだって思ってはいけないと言う事なんです。

サチコ
サチコ

えっ?雑記ブログなんだから好きな事書いていいんでしょ?

確かにその考えは大きくは間違っていませんが、細かな所では間違っています

 

雑記ブログだからと言って、何を書いても良い訳ではなく、やはりストーリー性や方向性が無ければいけないんですね。つまり、雑記なんですが有る考えの元に方向性を確立し、その方向に沿ってカテゴリーやジャンルを3つくらい用意し、そのカテゴリーやジャンルについて書くと言う事なんです。

 

つまり、1つの事ではなく3つの事に関して書くと言う事になるので、どちらかと言うとセミ特化ブログのような感じですね。

 

本当に何でも幕の内弁当のように書いて、読まれて人気が出るのは芸能人のような有名人のブログだけです。これは断言できます。

 

自分も、最初は雑記なんだから何でも書いていこうと思い、本当にいろんなジャンルで書いていたら、ブログ自体のまとまりが無くなってくると同時に、このブログは何が言いたいのか分からないと言う迷走状態になりました。

 

何が言いたいか分からない。それは読者にとって最悪なブログとなり、Googleにとってもユーザーフレンドリーでないサイト品質が悪いサイトと認識されてしまうのです。

 

自分も途中から記事を断捨離して、カテゴリーを大きく

  1. 働き方
  2. 副業・複業
  3. ネットワーク

の3つに分類し、関係ない記事は全て削除しました。おかげで記事数は半分になってしまいましたが。

 

忘れてはいけないのは、雑記ブログは何を書いても良い訳ではない

 

雑記ブログと特化ブログどちらが良いか

雑記ブログと特化ブログどちらが良いか

雑記ブログと特化ブログどちらが良いかについて、自分の経験を元に話していきましょう。

 

ハッキリ言って、雑記ブログより特化ブログの方が断然収益化の面では優れています

 

自分の書いているブログの例になりますが、このブログは雑記ブログになります。記事を下記ながらSEO対策として内部リンクを一生懸命に張ったり、キーワードを入れたりして書いています。

 

しかも、文字数も2000文字以上は常に書くようにしているのです。しかし、このブログは初めて1年程度のブログですので、これからIndexされたものを中心に伸びていくのかもしれませんが、現状のPVは毎日300以下です。

 

ハッキリ言って、これだけ一生懸命に書いてもこの程度しかPVが無いんですね。SNSにより投稿記事のアピールをしていますが、300PV以上行く事は稀ですね。

 

それに比べ、特化ブログはPVとすればほぼ同じくらいだと思うのですが、読みに来るユーザーのコア度合いが全然違うのでしょうね。

 

Adsenseを1個貼っているだけですが、雑記ブログの集中貼り付けより全然多い収益を挙げています。しかもですよ、記事は300字程度の簡単な物なんですが。

 

毎月うまい棒200本程度の収益をAdsenseで上げていますが、そのほとんどが特化ブログなんです。文字数から言ったら、1/6以下の簡単に書いている特化ブログですよ。

 

但し、この特化ブログは途中途切れた事も有りますが、15年ほど続けておりドメインパワーもそれないり有るブログなんです。1年のブログと比較してもしょうがないんですがね。

 

しかし、運用年数の差があるにしろナゼこのように違うのかを考えてみました。

 

特化ブログの場合

  1. 対象ユーザーの絞り込みができている
  2. ユーザーが絞り込まれるためコアなユーザーが多い
  3. 特定の内容については、求める回答がほぼ存在している
  4. 文章が短いので読みやすい
  5. 内容が参考になる内容

と言うような事が考えられました。

 

一方、雑記ブログはカテゴリーを3つにまで絞っても、先に挙げたような内容を満足する項目は殆どないのが事実です。

 

結局のところ、雑記ブログ、特化ブログと言うよりも対象ユーザーの絞り込みがちゃんとできており、そのユーザーは毎日来てくれるコアなユーザーであり、ほぼ毎日来てくれると言う状況になると、ブログ自体の信頼性が向上して来るのではないでしょうか。

 

信頼の具現化がお金ですから、信頼の有るサイトになると、表示されるAdsenseの広告も求めるようなものが表示されるので、ついクリックしてしまうって事になるんでしょうね。

 

つまり、

雑記ブログ/特化ブログと言う切り分けではなく、コアユーザーが居るか居ないかの違い

であり、ブログの種類では無いと思えるんです。

 

だから、雑記ブログと言われるブログであっても、方向性がはっきりしていて、コアなユーザーが付いているブログは人気が有り、収益化も可能であると判断できるんです。

 

経験者が語る、雑記ブログと特化ブログどちらが良いか! まとめ

経験者が語る、雑記ブログと特化ブログどちらが良いか! まとめ

経験者が語る、雑記ブログと特化ブログどちらが良いかについて、自分が言えるのはブログの種類では無く、コアユーザーが付いているか付いていないかの違いで、差はないと言うのが答えです。

 

  1. 対象ユーザーの絞り込みができている
  2. ユーザーが絞り込まれるためコアなユーザーが多い
  3. 特定の内容については、求める回答がほぼ存在している
  4. 文章が短いので読みやすい
  5. 内容が参考になる内容

 

と言う事で、ブログ初心者はどちらが良いのかと言う前に、たった一人のユーザーのために書くと言う事を忘れないで続けていけば、雑記だろうが特化だろうが関係なく人気が出ると言う事。

 

これが経験者の自分が、最近気が付いたことなんです。

 

もう一度言うよ、自分の経験をたった一人のために一生懸命に簡潔に書くことができれば、ブログのジャンルは関係ないと言うのが、自分の結論です。

人気記事 Google Search Consoleでエラーを修正してくれと怒られた
人気記事 Googleに怒られ続け、調べていたら気が付いたことが有った。これは正しいのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました